ケイエルブイは、ハイパースペクトルカメラ・光学部品・光源など
世界中の光学機器を取り扱う専門商社です。

03-3258-1238

平日9:00 〜 18:00(土日祝日除く)

お問い合わせ
ハイパースペクトルカメラ特集連載サイト

ハイパースペクトルカメラとマルチスペクトルカメラ
適材適所のススメ!

2019.06.04 |  ハイパースペクトルカメラ , マルチスペクトルカメラ , 工業分野

分光カメラは「ハイパースペクトルカメラ」と「マルチスペクトルカメラ」に大分されます。
これら2つのカメラは、撮影できる波長のバンド数の「多い/少ない」によって区別されています。

ハイパースペクトルカメラPika

マルチスペクトルカメラ(左)とハイパースペクトルカメラ(右)

今回は、それぞれの分光カメラの特徴や活用法について、ご紹介いたします。

使い分けによって、最大の費用対効果を!

ハイパースペクトルカメラとマルチスペクトルカメラを使い分けることで、費用対効果を最大化できる場合があります。

様々な角度から調査・分析を繰り返すような研究用途では、まずは汎用性のあるハイパースペクトルカメラがお勧めです。ハイパースペクトルカメラは、測定波長範囲において数百バンドという非常に多くの波長情報が得られる分光カメラです。測定対象の波長情報を細かく分析したい場合や、どの波長に注目すれば目的の達成が可能かを探りたい場合にハイパースペクトルカメラは最適です。

ハイパースペクトルカメラを用いて注目波長を特定後、マルチスペクトルカメラを導入すると、コストを抑えつつ目的を達成できるケースがあります。

実践編:コストを抑えながらインラインで使いたい

「工場などのラインにハイパースペクトルカメラを組み込みたい」というご相談をよく承ります。

こちらの記事マシンビジョンでの活躍 ハイパースペクトルカメラの導入事例でご紹介した通り、ハイパースペクトルカメラはインラインでも活躍していますが、複数台を設置するシーンで、数バンド~十数バンドの波長情報で目的が達成される場合、このような時マルチスペクトルカメラが輝きます!

マルチスペクトルカメラは、数バンドから十数バンドの波長情報を取得することができる分光カメラです。一方、ハイパースペクトルカメラは、数百という膨大な波長データを取得するため、非常に高速なラインでは撮影速度が要求に適合しない場合もあります。見たい波長が数バンドから十数バンドで目的が達成される場合であれば、インラインへの組み込みを想定した設計で、高いフレームレートを実現した、ラインセンサ型のマルチスペクトルカメラがお勧めです。また、複数台を設置するシーンを考えたとき、ハイパースペクトルカメラと比べて安価なマルチスペクトルカメラを用いることで、大幅なコストダウンも実現できます。

ハイパースペクトルカメラとマルチスペクトルカメラの違いについての詳細は、こちらをご覧ください。

終わりに

ハイパースペクトルカメラは、波長範囲が広く、得られるデータも多いため、幅広い用途に応用が利きます。

汎用性の高いハイパースペクトルカメラを研究室に1台備えておくことで、様々なデータの収集に活用できます。

マルチスペクトルカメラは、ハイパースペクトルカメラに比べて低価格で導入ができ、実践性の高さが利点です。

お客様が達成したい目的に対し、ハイパースペクトルカメラとマルチスペクトルカメラのベストな組み合わせは異なります。選定に迷った場合は、豊富な製品を取り揃えた弊社にお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら