ケイエルブイは、ハイパースペクトルカメラ・光学部品・光源など
世界中の光学機器を取り扱う専門商社です。

03-3258-1238

平日9:00 〜 18:00(土日祝日除く)

お問い合わせ

パルスジェネレーターの種類

パルスジェネレータには、その用途/機能に応じて幾つかの種類が存在するため、用途に合わせで適切なものを選択する必要があります。
ここでは、以下3つのパルスジェネレーターに関して、違いを説明します。

     
  1. パルスディレイジェネレータ
  2.  
  3. ゲートジェネレータ
  4.  
  5. バーストジェネレータ

1.パルスディレイジェネレータ

パルスの発振に加えて、発生したパルスに対して時間的な遅延を掛ける事が出来るパルスジェネレーターです。
レーザー発振と受光側のタイミングを合わせる用途などで使用されます。

パルスディレイジェネレーター波形

2.バーストジェネレータ

バーストトリガを用いて、出力するパルスを制御することができるパルスジェネレーターです。 バーストトリガがパルスジェネレータから発振される信号に対するゲートのON/OFFの役割をはたしており、バーストトリガがジェネレータに入力されない限りはどんなにリファレンスシグナルが入力されてもジェネレータからパルスは出力されません。
通常バーストジェネレーターは、出力パルスに対してのディレイやパルス幅を設定する事も可能です。

バーストジェネレーター波形

3.ゲートジェネレータ

ゲートトリガを用いて、出力するパルスを制御することができるパルスジェネレータです。
ゲートトリガが入力されている間にリファレンスシグナルが入力されるとパルスを出力します。
バーストトリガは1度入力されると以降のリファレンスシグナルをすべて受け入れるのに対し、ゲートジェネレーターはゲートトリガが1度発振されてもゲートトリガがONになっていない限りはリファレンスシグナルを受け入れません。

ゲートジェネレーター

まとめ

パルスジェネレータには、パルスを発振させる以外に、ディレイを追加したり、バーストトリガやゲートトリガなどのトリガを利用する機能が存在し、それによりパルスジェネレーターの種類が変わります。
また、パルスジェネレータを含むレーザーシステムを構築する際には、レーザーの出力コントロールするための電圧レベルの変換器、パルスを細かくするためのパルス分周期などを合わせて使用する必要があります。

製品情報

AeroDiode(Alphanv)社のTombakは上記の3つすべてのパルスジェネレータの機能および電圧レベル変換器、パルス分周器などがオールインワンで搭載されている多機能ジェネレータです。
機能が集約されているため、各製品を購入したり接続する手間が必要ありません。
また、サイズ的にも非常にコンパクトな為、実験等を行うのに最適です。

多機能パルスジェネレータ TOMBAK

多機能パルスジェネレータ TOMBAK

以下の機能を搭載しています。
  ①パルス・遅延発生装置
  ②独立発生器(ジェネレータ)
  ③バースト発生器
  ④ゲート発生器
  ⑤信号同期モジュール
  ⑥電圧変換器
  ⑦分周器
  ⑧AWG(任意波形生成器)

製品詳細

KLV大学 レーザーコース