ケイエルブイは、ハイパースペクトルカメラ・光学部品・光源など
世界中の光学機器を取り扱う専門商社です。

03-3258-1238

平日9:00 〜 18:00(土日祝日除く)

お問い合わせ
         

スマートフォン対応型 小型分光測色計 Spectro1TM

デモ機あり

スマートフォン対応型 小型分光測色計 Spectro1<sup>TM</sup>

スマートフォン対応型 小型分光測色計 Spectro1<sup>TM</sup>
スマートフォン対応型 小型分光測色計 Spectro1<sup>TM</sup>
スマートフォン対応型 小型分光測色計 Spectro1<sup>TM</sup>
Variable

充実したカラーライブラリ。モバイルアプリと小型デバイスで簡単に色測定、データ保存、共有が可能。

Spectro 1TM は、Bluetooth対応の小型分光測色計です。
コンパクトでポータブルなデザインの本体と、スマートフォンで動作するSpectro by Variable Appにより、簡単に色測定、データの保存、共有ができます。
充実したカラーライブラリを活用したり、お客様独自の色をリファレンスとして登録し、測定サンプルと比較することも可能です。

Spectro1特設ページ

個人のお客様は、Amazonで弊社から本製品をお買い求めいただくことが可能です。


動画Spectro1TM製品紹介・使い方 動画

分光器ページ

製品の特徴

  • Bluetooth対応
  • カラーライブラリの充実
  • Lab表示可能
  • 独自の色をリファレンスとして登録でき、測定サンプルとの比較可能
  • スペクトルデータの保存と転送
  • 4つの異なる光源(A, F2, D50, D65光源)での値算可能
  • Variable Cloud color management systemにデータをバックアップ可能
  • コンパクト:外径Φ31×長さ78.35mm

測定精度

カラーライブラリとのマッチング

Spectro 1TMは測定の正確さも特徴のひとつです。下図はSpectro 1TMに登録されている色と同じ色番号のカラー台紙を測定した結果です。
カラー台紙とSpectro 1TMのカラー番号は一致し、測定の正確性が証明されています。

測定結果①
Variable Spectro1測定結果①

Spectro 1TM登録カラー番号:S3060-G40Y

       カラー台紙番号:S3060-G40Y
       

結果:一致している

測定結果②
Variable Spectro1測定結果②

Spectro 1TM登録カラー番号:S0540-B10G

       カラー台紙番号:S0540-B10G
      

結果:一致している

 

製品情報

仕様

                                                              
型式Spectro1Spectro1PRO
測定方式SCE方式SCI方式
繰り返し性 (短期)0.05 ∆E00
器差0.2 ΔE00 (平均)
0.5 ΔE00(最大)  
0.3 ΔE00 (平均)
0.5 ΔE00(最大)
照明/受光光学系拡散光 / 0
観察光源A, F2, D50, D65
観察条件2°視野/10°視野
測定径Φ8㎜
測定波長間隔と範囲10 nm / 400 - 700 nm
測定時間1.5 秒
測定用光源Full Spectrum LEDs
光源寿命>500時間 または1,000,000スキャン
バッテリー容量200 mAh (~250スキャン) /チャージ毎
測定項目スペクトル情報、Lab値、RGB値、HEX値、CMYK値
(PANTONEアプリ(有料)によりPANTONEのカラーナンバー取得可能)

SCI方式 SCE方式の違い

同じ素材でできているものでも、光沢などの違いにより色の見え方が異なることがあります。
その為、素材の表面状態によって測定方法も異なります。

光がものにあたり、逆方向の同じ角度に跳ね返った光を正反射光といいます。
鏡や光沢など艶のあるものは正反射の特性を強く持っています。
一方、いろいろな方向へ拡散して反射する光を拡散光といいます。
表面の粗いものや、艶のないものは拡散反射の特性を強くもっています。
通常人が物を見る時は拡散光を見ている為、表面状態によって正反射光を含むか否かによる
2種類の測定方法に分けられます。


■SCI方式(正反射光を含んだ測定方法)
サンプルの表面状態に影響が少なく素材そのものの色の評価に有効です。
工業製品や鏡面塗装の色測定に最適です。

SCE方式(正反射光を除去した測定方法)
表面状態によって値が異なり、人の目に近い色評価になります。 布地やデザイン、目視検査に最適です。

分光器ページ

アプリケーション

  • 測色、色モニタリング
  • 塗料、建材など工業製品の色管理

技術情報

スマートフォンアプリ

スマートフォンで動作する測定用アプリケーションは以下よりダウンロードが可能です。

Spectro 1 製品画像

Spectro by Variable App

  • スマートフォンアプリで簡単に測定、保存、共有が可能
  • 高精度なカラーマッチングシステム
App Store Google Play

Spectro1用アプリ「Spectro by Variable App」機能紹介

「Spectro by Variable App」に搭載されている「Compare(比較)」は、Sample(サンプル色)がStandard(基準色)に対してどれ程の差があるのか(色差)をいろいろな方法で比較できます。
サンプル色と基準色をその場で比較したり、予め保存した色データとサンプル比較することが可能です。

以下に、比較方法と結果の確認方法を紹介します。

(1)基準色とサンプルのスキャン

Spectro1を基準色となる対象物に接触した状態で“基準色をスキャンする”、評価対象に接触した状態で“サンプルをスキャンする”をそれぞれクリックするだけで測定が完了します。

Variable Spectro1 スキャンの実施

(2)比較結果確認方法

①ΔEの確認
 

基準色とサンプル色の差分(ΔE2000)表示します。
差分は色差式ΔE2000(CIE DE2000)、色測定用の標準光源D65、視野角10°の条件に基づいて算出されたものになります。
ΔE2000は、Labを3次元空間で表した際の2つの色の座標間の距離に視感的な評価分を考慮して補正した新しい色差評価の方法で、値が大きいほど、2つの色の違いが大きいことを示すため、差分が定量的にわかります。

Variable Spectro1 ΔEの確認
②スペクトルの違いの確認
 

400n~700nmまでのそれぞれのサンプルの反射スペクトルとその差分をグラフで表示します。 これにより、2つの色の違いがどの波長で発生しているのかなどを細かく確認することが可能です。

Variable Spectro1 スペクトルの違いの確認
③Lab座標の違いの確認
 

それぞれの色のLab座標の値および座標上のどの位置にあるかが確認できます。
Lab座標は、Lが彩度、ab平面で色相を表したものです。
この機能では、視覚的にLの値およびab平面上の位置の違いが判ります。
(〇が基準色の座標、□がサンプル色の座標を表し、2つの座標が近いほど色の差分が少ないと言えます。)

Variable Spectro1 Lab座標の違いの確認
④照明毎のΔEの違いの確認
 

以下の光源下における色の差(ΔE)を確認できます。

  • F7…蛍光灯(昼光色)
  • A…測色用の標準光源、色温度2856K
  • D50…測色用の補助光源、色温度5000K
  • D65…測色用の標準光源、色温度6504K
  • F2…蛍光灯(白色)

それぞれの照明において照射される光スペクトルが異なるので、2つの色の差が出にくい場合と出やすい場合があります。
例えば、今回比較した2色に関しては、A(色温度2854Kの照明)においては、他の照明に比べて差分を感じにくい事がわかります。

4つの異なる光源のスペクトル

Spectro1TM 製品構成

Spectro1製品構成

製品比較

製品比較 Spectro1 他社製品A 他社製品B
色見本から最適色の検索
異なる光源条件下でのカラーマッチング
パソコンとのワイヤレス接続 Coming Soon -
スマートフォンアプリ - -
クラウドデータベース管理 - -
繰り返し性 0.05ΔE 0.1ΔE 0.05ΔE
器差(平均) 0.2ΔE 0.4ΔE 0.2ΔE
分光器ページ

FAQ

Q1

取得したスペクトルは、PC用に出力可能ですか?

A.

スペクトル情報(各波長の光強度)、Lab値、RGB値、HEX値などをCSVファイルで出力することが可能です。
出力CSVのファイルのサンプルをダウンロード

PDF資料ダウンロード

小型分光測色計

ダウンロード

マニュアルダウンロード

Variable社 Spectro1マニュアル

ダウンロード
      

お問い合わせ

  • 性能、コスト、納期を満たす光学機器をお探しですか?
  • 製品のデモ実演をご希望ですか?
  • 製品に関する詳しい資料をご希望ですか?
  • 標準仕様以外の特殊用途への対応をご希望ですか?
   
 

メーカー名

関連技術情報

関連記事

KLV大学 UV硬化コース KLV大学 分光コース KLV大学 ハイパースペクトルカメラコース KLV大学 マシンビジョンコース KLV大学 レーザーコース KLV大学 波長可変光源コース KLV大学 光ファイバーセンサーコース

PDF資料ダウンロード

マニュアルダウンロード