ケイエルブイは、ハイパースペクトルカメラ・光学部品・光源など
世界中の光学機器を取り扱う専門商社です。

03-3258-1238

平日9:00 〜 18:00(土日祝日除く)

お問い合わせ

蛍光システム用スライド ARGO-SIM

蛍光システム用スライド ARGO-SIM

蛍光システム用スライド ARGO-SIM
蛍光システム用スライド ARGO-SIM
ARGOLIGHT

共焦点顕微鏡用

ARGO-SIMスライドは、蛍光顕微鏡・蛍光イメージングシステムの評価や精度管理を行うための品質管理ツールです。

当製品は、構造化照明顕微鏡およびデコンボリューションアルゴリズムを使用するシステム用に特別に設計されています。

ARGO-SIMスライドは、異なる波長での顕微鏡の性能を評価する際、役立ちます。
特に、正確な3D測定のためのz方向のキャリブレーションと共焦点顕微鏡の解像度測定に対して有用です。

アルゴライト社の品質管理スライド

アルゴライト社(Argolight)の多次元スライドは、蛍光イメージングシステムの性能の評価ならびに追跡用に特別に設計されています。

本スライドは、ステンレス鋼製キャリアの上に特殊なガラス(ArgoGlass)が載った構成となっています。ガラスの中には様々な蛍光パターンが埋め込まれています。
蛍光パターンをチェックすることで、蛍光顕微鏡の分光応答性、均一性測定、視野の歪み、分解能などを確認することができます。

ArgolightのソフトウェアソリューションDaybookを使うことにより、パターン画像の分析を簡単に行うことができます。

スライドは、350nm~650nmの励起に対応しています。(550nmを超える蛍光励起には高感度センサーが必要です。)

蛍光観察の品質管理を劇的に改善 – アルゴライト社CEOインタビュー

製品の特徴

  • イメージングシステムの信頼性と安定性を確保:
    数年間にわたり標準的な蛍光パターンとして使用可能
  • 蛍光測定に関して低コストでセットアップと品質管理を維持することが可能
  • 取り扱いが容易:冷蔵保存の必要なし。追加の消耗部品はありません。
  • 高い耐久性:金属製の筐体により、2mの高さから落下しても耐えられます。
  • 互換性:油浸対物レンズ、乾式対物レンズ、液浸対物レンズに対応しています。
    (※液浸液として水を使用する場合は、5分を超える連続曝露は避けてください)
 

製品情報

技術情報

励起波長範囲:350~650nm

(550nmを超える蛍光励起には高感度センサーが必要となります。)

励起波長範囲:350~650nm

スライド互換性

イメージングシステム
互換 非互換だが使用可能 使用不可
  • 広視野顕微法
  • 共焦点顕微法
  • 構造化照明顕微法
  • FLIM
  • スピニングディスク顕微法
  • PALM
  • STORM
  • FRAP
  • FRET
  • 抑制または多重色素を用いたあらゆるイメージング技術
  • STED
  • 多光子顕微法
  • 超短パルスレーザーを用いたすべてのイメージング技術

対物レンズ互換性

各スライドは乾式対物レンズ、油浸対物レンズのいずれにも対応しています。
浸漬液として水を使用する場合は、5分を超える連続曝露は避けてください。

スライド模式図

スライド模式図

Argo-SIMの蛍光パターン

パターン概要

Argo-SIM パターン概要

Argo-SIMスライドガラス内の「蛍光パターン」の全体像です。
蛍光顕微鏡の「分解能、照明強度の分布、ステージ中心のずれ」等、各仕様の評価に必要な蛍光パターンが、A〜Nまで埋め込まれています。

下記、Argo-HMスライドの各蛍光パターンの詳細です。

パターンA
- ターゲット

パターンA - ターゲット

10μm刻みに半径が増加する同心円です。最小の半径が10μmで、最大が120μmです。

パターンB – リングの2Dマトリックス

パターンB – リングの2Dマトリックス

110μm×110μmのフィールド上に、5μm間隔に区切られた21×21リングの2Dマトリックスが配置されています。リングのフィールドは、8つのランドマークに囲まれており、中央に長さ3μmの十字架があります。

パターンC – 4×4強度グラデーション

パターンC – 4x4強度グラデーション

4×4マトリックスに編成された、蛍光強度の異なる16個の正方形(6μm×6μm)。

パターンD – 2×16強度グラデーション

パターンD – 2×16強度グラデーション

2×16に編成された、異なる蛍光強度レベルを持つ16個の長方形(15μm×0.7μm)。

パターンE – 徐々に間隔が変化する直線

パターンE – 徐々に間隔が変化する直線

30nm間隔で、間隔が0から390nmまで徐々に増加する、36μmの長さのラインの組み合わせ。直線の組み合わせは、4種類。1つは垂直、1つは水平、2つは+および–45°の向きです。

パターンF – 十字のマトリックス

パターンF – 十字のマトリックス

4×4に配置された長さ5μmの十字のマトリックス。十字は、同一平面上(XY)の複数の垂直線と、ガラス内で次第に深くなる複数の水平線で構成されています。

パターンG – 球の経線

パターンG – 球の経線

異なる直交平面にある直径25μmの3つの円。球の子午線が特徴。

パターンH – 再配置十字

パターンH – 再配置十字

再配置十字の長さは20μmで、X方向、Y方向、またはその両方で500μmずつ配置されます。

パターンI – 交差階段

パターンI – 交差階段

4本の柱に囲まれた2つの交差階段のように、異なる深さに埋め込まれた空のシリンダー。スライドには、1、0.5、0.25、0.125μmのさまざまなステップで4つの階段があります。

パターンJ
- ロゴ

パターンJ - ロゴ

80μm×18μmのフレームに囲まれた「ARGOLIGHT」の文字。

パターンK – リングの3Dマトリックス

パターンK – リングの3Dマトリックス

総体積40μm×40μm×40μm。5μm間隔に区切られた9×9×9リングの3Dマトリックス。

パターンL – 背景のリングのマトリックス

パターンL – 背景のリングのマトリックス

このパターンはパターンAと同じですが、背景は10μm下です。

パターンM – 幾何学的図形

パターンM – 幾何学的図形

円、三角形、正方形、五角形、六角形、七角形、八角形、中心から16本のアーム部を持つ星形。

パターンN – グリッド

パターンK – リングの3Dマトリックス

10μm間隔のグリッド。5つの正方形の内側に、5μmの長さの十字が入っています。

ソフトウェア

概要

専用ソフトウェア「Daybook2」は、顕微鏡の品質情報を提供するためにつくられました。
当ソフトウェアを使用することで、撮影した蛍光パターンの画像分析や、結果の継続的なモニタリングが可能になります。また「Daybook2」にはデータマネージャーが付属されているため、蛍光顕微鏡の管理情報を3年間追跡することができます。

ソフトウェア「Daybook2」

分析可能なパラメータ

照明強度の分布照明強度の分布
視野の歪み視野の歪み
共局在性共局在性
線広がり関数線広がり関数
分解能分解能
ステージ中心のずれステージ中心のずれ
Z軸のステージドリフトZ軸のステージドリフト
強度線形性強度線形性
スペクトル応答性スペクトル応答性

ユーザーマニュアル

Publication

Independent Publications

A. Millett-Sikking, N. H. Thayer, A. Bohnert and A. G. York, “Remote refocus enables class-leading spatiotemporal resolution in 4D optical microscopy,” hosted on GitHub Pages, DOI:10.5281/zenodo.1146083, January 2018. Click here to download the pdf.

K. Korobchevskaya, H. Colin-York, B. C. Lagerholm, and M. Fritzsche, “Exploring the Potential of Airyscan Microscopy for Live Cell Imaging,” Photonics 4, 41, DOI: 10.3390/photonics4030041, July 2017. Click here to download the pdf.

Talley J. Lambert and Jennifer C. Waters, “Navigating challenges in the application of super-resolution microscopy”, Journal of Cell Biology, DOI: 10.1083/jcb.201610011, December 2016. Click here to download the pdf.

M. Butzlaff, A. Weigel, E. Ponimaskin, and A. Zeug, “eSIP: A Novel Solution-Based Sectioned Image Property Approach for Microscope Calibration”, PLOS ONE 10(8): e0134980, DOI:10.1371/journal.pone.0134980, August 2015. Click here to download the pdf.

Argolight Publications

A. Royon and N. Converset, “Quality Control of Fluorescence Imaging Systems: A new tool for performance assessment and monitoring”, Optik & Photonik 2, 22-25, DOI: 10.1002/opph.201700005, April 2017. Click here to download the pdf.

A. Royon and N. Converset, “Quality Control of Fluorescence Imaging Systems. A New Tool for Performance Assessment and Monitoring”, Imaging & Microscopy, May 2016. Click here to download the pdf.

A. Royon, “Quantitative imaging and fluorescence microscopy: Towards quantitative fluorescence microscopy: A new solution for standardization, monitoring, and quality management”, Laser Focus World, June 2015. Click here to download the pdf.

A. Royon and G. Papon, “Calibration of Fluorescence Microscopes – A New Durable Multi-Dimensional Ruler”,  Imaging and Microscopy, August-September 2013. Click here to download the pdf.

A. Royon and G. Papon, “Fluoreszierende sub-Mikrometer-Strukturen für die Kalibrierung und Justage von Mikroskopen”, Biophotonik 1, February 2013. Click here to download the pdf.

PDF資料ダウンロード

Argo-SIM:構造化照明顕微鏡デコンボリューションアルゴリズムを使用するシステム

ダウンロード

Argo-HM:高倍率システム用(主に20~100倍の倍率用)

ダウンロード

Argo-LM:低倍率システム用(主に5~20倍の倍率用)

ダウンロード

Daybook品質管理システム

ダウンロード

お問い合わせ

  • 性能、コスト、納期を満たす光学機器をお探しですか?
  • 製品のデモ実演をご希望ですか?
  • 製品に関する詳しい資料をご希望ですか?
  • 標準仕様以外の特殊用途への対応をご希望ですか?