ケイエルブイは、ハイパースペクトルカメラ・光学部品・光源など
世界中の光学機器を取り扱う専門商社です。

03-3258-1238

平日9:00 〜 18:00(土日祝日除く)

お問い合わせ

蛍光イメージングシステム用 パワーメーター付き 校正スライド 

蛍光イメージングシステム用 パワーメーター付き 校正スライド 

ARGOLIGHT

Argo-POWERHMは、対物高倍率(HM)レンズを備えた蛍光ベースのイメージングシステム(広視野、共焦点、スピニングディスク、およびその他の種類の顕微鏡等)の性能評価およびトレーサビリティ用に特別に設計されたものです。 本製品は、校正済みの光パワーメーター、Argo-HMパターン付きガラスと、イメージ分析ソフトウェアDaybookで構成されます。 校正済み光パワーメーターは、顕微鏡セットアップ内の試料面で光源の光パワーを測定するために設計されています。 Argo-HMガラスは、中に様々な蛍光パターンが埋め込まれた、特殊なガラス基板です。Daybookソフトウェアは、ご利用の蛍光イメージングシステムの重要なパラメータを管理するために、パターンの画像を分析し、データ(マップ、グラフ、メトリック)を抽出することができます。

製品情報

仕様

スライド模式図

蛍光安定性

通常使用(ピーク値あるいは平均値を問わず50GW/cm2を超えない照度)下においては、任意の照明設定に対する蛍光スペクトルは形状ならびに強度において各パターンの同様部分と同一です。
特定の照明構成においては、各パターンの強度が低下する場合もあります。とはいえ、この低下は過渡的です。蛍光強度は一定時間経過後初期値に回復します。回復時間は照射条件(出力密度、波長、ピクセルサイズ、露光時間)に依存します。
この挙動は再現性があります。つまり、任意の強度と露光時間に対する低下率と回復時間は常に同じとなります。

蛍光特性

パターンの励起可能範囲は350nm~650nmです。発光は広帯域コンティニューム光で励起波長が赤色に移動するにつれ効率が低下します。

パワーメーター部の技術仕様

検出タイプ シリコンフォトダイオード
有効な検出範囲 直径10mm
NDフィルタ 反射性(OD2)
入力開口部 9mm
波長範囲 350~1100nm
電力範囲 10μW~100mW
直線性 ±2%
分解能 < 3μW(350~400nm)
< 2μW(400~460nm)
< 1μW(460~1100nm)
校正精度 最大±10%、全波長範囲
代表±2%、633nm時
応答時間 100ms(最小)、3s(安定的読み取りを保証するため)
対物レンズ互換性 FOV直径9mm未満の空気対物レンズ

※FOV:視野(field of view)

スライド互換性

イメージングシステム

互換 非互換だが使用可能 使用不可
広視野顕微法 PALM STED
共焦点顕微法 STORM 多光子顕微法
構造化照明顕微法 FARP 超短パルスレーザーを用いた
すべてのイメージング技術
FLIM FRET FRET
スピニングディスク顕微法 抑制または多重色素を用いたあらゆるイメージング技術 抑制または多重色素を用いたあらゆるイメージング技術

対物レンズ互換性

ガラス部分は、乾式および油浸対物レンズと互換性があります。
水浸も可能ですが、5分を超える連続曝露は避ける必要があります。
光パワーメーターは、乾式対物レンズのみと互換性があります。

技術情報

スライド内パターン位置

各パターンはガラス上面から170±5μm下の、平坦度が±5mrad以内の水平面上に位置しています。
これは、厚さ170±5μm、546.1nmにおける屈折率が1.5255±0.0015である顕微鏡のカバーガラスの存在を摸したものです。
各パターン内の最大相対配置誤差はXY方向に±110nm、Z方向に±110nmです。
これらのパターンの厚さ(Z方向)はFWHM(半値全幅)で約600±200nmです。

パターン詳細

パターンA:ターゲット 25μmから300μmまで25μm刻みに半径が広がる同心円、
およびターゲットを表す半径が12.5μmの円で構成されています。
パターンB:リングのフィールド 600μm×600μmの全フィールド上に15μm間隔で39×39のリングがある
マトリックスで構成されています。
リングのフィールドは8つのランドマークで囲まれており、
中心には7.5μm長の十字マークが示されています。
パターンC:4×4の強度 4×4のマトリックスに並べられた、蛍光強度レベルが線状に
推移して変化する幅8.5μmの幅の正方形16個で構成されています。
パターンD:2×16の強度 2×16のマトリックスに並べられた、蛍光強度レベルが線状に
推移して変化する22.5μm×1.5μmの長方形16個×2セットで構成されています。
パターンE:間隔漸増線 100~700nmまで50nm刻みで間隔が増加する長さ50μmの線が
対になった構成になっています。
一連の線が4セットあり、それぞれ垂直方向、水平方向、
+45˚方向、-45˚方向に延びています。
パターンF:十字マトリックス 長さ5μmの十字が8μm間隔で6×6個並ぶマトリックスで構成され、
周囲は枠で囲まれています。
各十字は、同平面にある垂直の線とガラス内を徐々に奥へと進む
水平の線で構成されています。
垂直の線と水平の線の間隔は0~3.5μmまで
100nm刻みで増加しています。
パターンG:球の経線 球の経線を示す直交面がそれぞれ異なる
直径50μmの円3個で構成されています。
パターンH:再配置用十字 再配置用十字は長さ20μmで、X方向、Y方向
またはその両方に互いに500μm離れた位置にあります。
パターンI:3D交差階段 4本の柱の中で2本の階段が交差するように、
それぞれ異なる奥行に埋め込まれた中空円筒で構成されています。
スライドには、1、0.75、0.5、0.25μmと刻みの異なる階段が4段あります。
パターンJ:ロゴ 会社名「Argolight」を形成する文字と
それを囲む220μm×50μmの枠で構成されています。

PDF資料ダウンロード

蛍光イメージングシステム用 パワーメーター付き 校正スライド

ダウンロード

お問い合わせ

  • 性能、コスト、納期を満たす光学機器をお探しですか?
  • 製品のデモ実演をご希望ですか?
  • 製品に関する詳しい資料をご希望ですか?
  • 標準仕様以外の特殊用途への対応をご希望ですか?