ケイエルブイは、ハイパースペクトルカメラ・光学部品・光源など
世界中の光学機器を取り扱う専門商社です。

03-3258-1238

平日9:00 〜 18:00(土日祝日除く)

お問い合わせ

ファンクションジェネレーター(多機能LD用電源)

ファンクションジェネレーター(多機能LD用電源)

Aerodiode(旧 ALPhANOV)

特殊な波形を生成可能なパルスジェネレータ搭載LD用電源

レーザーダイオードドライバーは、パルス持続時間がナノ秒の任意のパルス形状を生成します。
この装置は、AWG(Arbitrary Waveform Generator)とTECコントローラー、および複数の信号同期用パルスディレイジェネレーターを統合した、多機能の装置です。

波形


 価格:¥760,900(税抜き)
※1オーダー毎に11,000円の”パッケージ費用”が別途かかります。


Aerodiode価格表

メーカー製品ページ : High speed laser diode driver

製品の特徴

  • ナノ秒レーザーをAWGにより任意のパルスで直接変調することが可能
  • 0〜1.6Aの出力電流制御(16bit/48dB/30μA分解能)
  • 14ピンのタイプ1バタフライレーザーダイオードに対応 (ご要望に応じてタイプ2対応も可能)
  • TECコントローラー内蔵により高安定
  • 「ゲインスイッチピーク」抑制機能搭載
  • 直接変調方式と外部変調方式の2種類の変調が可能
  • 直感的に操作できるPC用GUIソフトウェア(USB I/F)

生成パルス例

SHAPERはAWGにより以下のような様々なパルスを発生させることができます。

1A, 100ns方形パルス

1A, 100ns方形パルス

400mA, 100nsステップ波パルス

400mA, 100nsステップ波パルス

80ps安定したゲインスイッチパルス

80ps安定したゲインスイッチパルス

さらに、短パルス発振時にゲインスイッチングにより発生する瞬間的なピークを抑制させる機能を搭載しており、理想的な短パルスを発生させることもできます。

1.5nsパルス

1.5nsパルス

1.5nsパルス(「ゲインスイッチピーク抑制」機能を起動)

1.5nsパルス(「ゲインスイッチピーク抑制」機能を起動)

LD電源ページ

 

製品情報

仕様

仕様 Shaper Direct
(レーザーダイオード 直接変調)
Shaper External
(レーザーダイオード 外部変調)
レーザーダイオード
ドライバー
パルスモード ユーザーにてパルス形状を設計 矩形(1ns -CW)
ピーク電流レベル 0-1.6A 0-3.5A
パルス成形持続時間
(最大ステップ数4000)
0.5ns-8µs 1ns-CW
パルス成形タイミング分解能 500ps
ジッター(外部/内部トリガー) ±2.5ns/<100ps
パルス成形電流分解能 30µA
レーザーダイオードゲインスイッチ
ピーク抑制機能
有り
(ユーザーで切替や設定が可能)
ジッター
(内部トリガー/外部トリガー)
<100 ps / ±2.5 ns (200 MHz internal clock)
外部変調ドライバー
(EOM,AOM)
EOM/AOM*パルス成形持続時間
(最大ステップ数4000)
0.5ns-8µs
EOM/AOM*パルス成形タイミング分解能 500ps
出力電圧(工場出荷時の設定) 1V(50Ω)/5V(High-Z)
パルスディレイジェネレーター出力
(外部同期)
出力数 3
同期信号持続時間 0 - 109ns
同期信号分解能 1ns
出力電圧 3.3V(50Ω)
その他機能 起動モード 4 (OEM, previous settings etc.)
GUI ユーザーにて設定可能
出力電源の設定可能範囲 0-18V で調整可能
(to drive any additional external board)
インターフェイス USBまたはUART
対応OS・プロトコル WinXP/7/10-DLL-UARTプロトコル
電源 24V/4A(110V/220Vアダプター付属)

レーザーダイオード電源へのレーザー搭載について

CCS、CHAPERには、TYPE1、TYPE2、CAN、VCSELのレーザーを搭載可能です。
 Aerodiodeのレーザーダイオードシリーズ

搭載の際に必要になるソケット及びFAQについては以下を参照ください。
 CCS,SHAPERに搭載可能なレーザータイプ

技術情報

GUI制御ソフトウェア

GUI制御ソフトウェア メイン設定画面 GUI制御ソフトウェア 設定画面

図面

製品図面

直接変調と外部変調

shaperは直接変調と外部変調の2つのタイプがあります。

①直接変調

直接変調はShaperがレーザーにユーザーがデザインした信号を直接与える方式です。
Shaperとレーザーのみで変調が可能なので、コストがかかりませんが、短パルスを発信する場合、ゲインスイッチピークが発生することがあるため注意が必要です。ShaperはAWGとしての機能だけではなく、「ゲインスイッチピーク抑制機能」を搭載しているため、直接変調でもきれいに成形されたレーザーパルスを出力可能です。

Shaper直接変調

②外部変調

外部変調はレーザーダイオードを矩形パルス信号で発信させると同時にAOMまたはEOMのような変調器にユーザーがデザインした信号を与えて、AOM/EOMからユーザーがデザインした波形のレーザーを出力させる方式です。
AOMは、高い出力に対応している、EOMはGHzにわたる帯域で変調が可能などの利点があります。

Shaper外部変調

EOMを使用する場合、下図の5つの電子機器が必要になりますが、Shaperはそのうち(1)レーザーダイオードドライバー、(2)同期機器、(3)EOM高速変調器、(4)RF増幅器の4つをShaperが担うことができます。

Shaper外部変調必要機器

ブロック図

Shaperブロック図

LD電源ページ

PDF資料ダウンロード

Aerodiode_統合

ダウンロード

マニュアルダウンロード

Aerodiode社 SHAPERマニュアル

ダウンロード
      

お問い合わせ

  • 性能、コスト、納期を満たす光学機器をお探しですか?
  • 製品のデモ実演をご希望ですか?
  • 製品に関する詳しい資料をご希望ですか?
  • 標準仕様以外の特殊用途への対応をご希望ですか?
   
 

メーカー名

LD電源シリーズ

関連記事

KLV大学 UV硬化コース KLV大学 分光コース KLV大学 ハイパースペクトルカメラコース KLV大学 マシンビジョンコース KLV大学 レーザーコース KLV大学 波長可変光源コース KLV大学 光ファイバーセンサーコース

PDF資料ダウンロード

マニュアルダウンロード