ケイエルブイは、ハイパースペクトルカメラ・光学部品・光源など
世界中の光学機器を取り扱う専門商社です。

03-3258-1238

平日9:00 〜 18:00(土日祝日除く)

お問い合わせ

BeST-SLED 広帯域・波長可変スーパールミネッセント光源用途例

光コヒーレンストモグラフィー(OCT)用の光源

光コヒーレンストモグラフィ―(OCT)とは

Optical Coherence Tomography(光干渉断層撮影)と呼ばれる、光の干渉効果を利用して対象物の断面図を高分解能・高速で撮影する技術です。
光を照射する事で、非接触・非侵襲で撮像が可能なため、人体の様々な器官の断層撮像(イメージング)に用いられています。
眼のほか、血管や臓器のイメージングにも用いられており、虫歯の診断などの歯科臨床に応用する研究も行われています。
原理はCTスキャンや超音波エコグラフィーと同様です。光源として可視光や近赤外光を用いるため、X線や超音波程の深度は得られませんが、顕微鏡に匹敵する分解能で深さ数mmの分析が可能です。
OCTの測定原理は光源から照射された光と試料から反射された光の干渉を測定する事で、試料内のどこに反射面があるか(深さ)を測定しています。
ハーフミラーと呼ばれる光学部材を介して、光源の照射光と試料からの反射光が重なるのですが、2つの光が通った距離が同一であると、2つの光は強まります。(光の干渉)この強まるポイントを観測する事で反射面(深さ)を測定しています。

BeST-SLED 広帯域・波長可変スーパールミネッセント光源製品詳細

OCTの種類と特長

・OCTの計測方法は大きく2つに分かれます。

  • TD-OCT(時間領域OCT) 
  • FD-OCT(フーリエ領域OCT)

FD-OCTはさらにSD-OCT(スペクトル領域OCT)とSS-OCT(周波数領域OCT)の2手法に分かれます。
計測時間が同じであれば、FD-OCTの方が感度が良く、かつSS-OCTの方が深く計測する事が出来ます。その為、SS-OCTが主流となりました。

弊社取扱いのLUXMUX社のSLD光源ではSS-OCTに要求される、連続的な掃引に加え、広帯域な波長掃引幅、高速な波長掃引速度など、様々な仕様面で高い性能を有しております。

特に最大590nmの広帯域を掃引出来る為、従来の光源を上回る距離分解能の向上を可能にします。

BeST-SLED 広帯域・波長可変スーパールミネッセント光源他の用途例