ケイエルブイは、ハイパースペクトルカメラ・光学部品・光源など
世界中の光学機器を取り扱う専門商社です。

03-3258-1238

平日9:00 〜 18:00(土日祝日除く)

お問い合わせ

BeST-SLED 広帯域・波長可変スーパールミネッセント光源用途例

FBGセンシング用の光源

FBGとは(原理)

Fiber Bragg Gratings(ファイバ・ブラッグ・グレーティング)と呼ばれる光ファイバセンシングの技術の1つです。

光ファイバコアに回折格子が刻まれており、この部分がセンサ(FBG)になります。
このセンサ部分は広帯域な光源から光が入射されると、ブラッグ波長と呼ばれる特定波長のみを反射します。

温度、ひずみ、圧力、加速、変位等ファイバに何らかの外力が加わるとファイバは伸縮をします。

伸縮に伴い、回折格子(FBG)の間隔が変化する為、ブラッグ波長も変化します。
この変化を測定する事で、センシングが可能となります。

この技術の優れたところは距離を選ばず、様々な特性を1本のファイバで多点で測定する事が可能なことです。数ミリの距離でも、数キロ離れた距離でも温度やひずみを損失なく測定する事が可能です。

BeST-SLED 広帯域・波長可変スーパールミネッセント光源製品詳細

メリット

  • データの低損失
  • 電磁ノイズや無線周波干渉に強い
  • 小型で軽量である
  • 危険物質が存在する環境でも安全で動作可能であること

弊社が取り扱うLUXMUX社のSLD光源は広帯域、高出力である為、センサ(FBG)の数を増やす事が可能になり、より長距離を測定する事が可能となります。

アプリケーション

  • 橋、トンネル、高層ビルの劣化状況モニタリング
  • 発電機の状態モニタリングや保守
  • 風力発電機のブレード疲労状況モニタリング
  • パンタグラフの監視と試験

BeST-SLED 広帯域・波長可変スーパールミネッセント光源他の用途例