ケイエルブイは、ハイパースペクトルカメラ・光学部品・光源など
世界中の光学機器を取り扱う専門商社です。

03-3258-1238

平日9:00 〜 18:00(土日祝日除く)

お問い合わせ

超小型カメラモジュール(Mシリーズ)マイクロオプティクス用途例

医療用カメラ(医療用内視鏡向けカメラ)

医療用カメラ(医療用内視鏡向けカメラ)

OEMの医療用内視鏡カメラとして

医療用内視鏡カメラでは患者の負担を減らすことを目的に年々小型化が進んでいます。一方で患者の体内の異常を見落とさないように広い視野かつ鮮明な画像が求められます。
小型さと高画質という背反する特性を実現する超小型カメラが必要となります。

内視鏡にはセンサーからファイバーを通して撮影する方式やセンサー、レンズ、電子部品が一体化されたカメラ自体を体内に入れ、画像データを送る方式が存在します。前者はファイバー先端のみの挿入のため小型化が容易ですが、画質が落ちる傾向にあります。後者は画質を維持できますが、先端にセンサーおよびその他電子部品を内蔵する必要があるため小型化が難しい傾向にあります。
内視鏡では、ファイバーを使わず高画質、且つ電子部品を内蔵しても超小型なカメラが理想とされます。

超小型カメラシリーズご紹介

超小型カメラモジュール(Mシリーズ)マイクロオプティクス製品詳細

医療用に使用されるカメラの要件

  • 患者の負担軽減のための超小型カメラ
  • 異常発見のための高画質画像

Optikronの特徴

  • 最小径φ1.8mmの超小型カメラ
  • 最大広角120°かつ高い被写界深度の高精度レンズ
  • センサー一体型のカメラ設計で高画質画像を実現

Optikronの小型カメラは、医療で求められるカメラの要件を満たす事ができる優れたカメラです。
各製品のデモ機もありますので、ご興味のある方は、以下からお問い合わせください。
御社の製品に最適なモデルをご紹介します。

お問い合わせ Optikronカタログダウンロード

超小型カメラモジュール(Mシリーズ)マイクロオプティクス他の用途例