ケイエルブイは、ハイパースペクトルカメラ・光学部品・光源など
世界中の光学機器を取り扱う専門商社です。

03-3258-1238

平日9:00 〜 18:00(土日祝日除く)

お問い合わせ

波長可変照明 Telelumen Octa™用途例

環境に合わせた照明開発と病院での光の影響

環境に合わせた照明開発と病院での光の影響

レンセラー工科大学(RPI)のLESAセンター

レンセラー工科大学のLESAセンターは知覚や思考、環境に合わせた照明開発や、概日リズムに合わせた照明システムを構築し、蛍光灯などの従来の照明システムと人体に与える影響の差を研究しています。
Telelumenの照明は、光が人々の健康や感情、行動にどのように寄与していくのか解明する重要な手段のひとつとなっています。

波長可変照明 Telelumen Octa™製品詳細

病院環境での治療法の研究・開発

ジェファーソン病院照明イニシアチブ

病院での光の影響

(左)短波長に設定されたTelelumen照明システム(右)長波長に設定されたTelelumen照明システム

ジェファーソン大学病院では、不眠症や気分障害の健康問題の治療法としてTelelumenの照明を使用し、概日リズムに合わせた光線療法で数日間研究しました。病院の照明は広く青色波長が使用されていますが、夜間に使用すると概日リズムの混乱を引き起こし、睡眠不足や健康状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
睡眠不足の患者はストレスホルモンのレベルが高く、肥満や心血管疾患、糖尿病のリスクが高くなります。そこで患者へのケアをより有効にすることを目的に、夜間では色温度の高い照明を使用し患者への負担を調査しました。
その結果、10点満点中8点の満足度を得られることができ、これによって病院環境は患者の健康回復に影響があることが分かりました。
このようにTelelumenの照明システムは人間の活動サイクルに合わせて調整され、患者へのケアタスクの一つとして今後の研究に役立っていきます。

波長可変照明 Telelumen Octa™他の用途例

  • 環境に合わせた照明開発と病院での光の影響