ケイエルブイは、ハイパースペクトルカメラ・光学部品・光源など
世界中の光学機器を取り扱う専門商社です。

03-3258-1238

平日9:00 〜 18:00(土日祝日除く)

お問い合わせ 採用情報

有機半導体 分光センサー用途例

製造プロセスにおける水分量の管理 | 段ボール製造時の反りの低減

製造プロセスにおける水分量の管理  |  段ボール製造時の反りの低減

製造プロセスにおける水分管理の重要性

段ボールは、安価で軽量、100%リサイクル可能な素材で、最新の製造機械では400m/分の速度で稼働し、幅が3mを超える80.000m2もの大量の段ボールが毎時生産されてます。

段ボール製造時の紙の水分含有量が管理されておらず、水分含有量が不明で変化した場合、段ボールに反りの発生に繫がります。反り不良は除去してリサイクルに回さなければならないため、水分含有量は品質だけでなく、生産量にも影響を及ぼします。

有機半導体 分光センサー製品詳細

段ボールに関する驚愕的なデータ

         
  • 世界の年間生産量:2,500億m2(イギリスの面積に相当)[1] 
  • ドイツ製品の3分の2は段ボールで梱包されている。[2]
  • 段ボール生産の2%は生産工程でリジェクトされ、直接リサイクルに回されている。


ケーススタディー

Challenge

  • 製造プロセス中の紙の水分含有量が管理されていないと、段ボールの反りの発生に繋がる可能性がある。
  • 製造プロセス中に発生した段ボールの反りは、後工程での生産エラーや不具合の原因となる。
  •    
  • 現状では水分含有量の測定ができておらず、生産時のリジェクト(不良除去)による損失が年間10億ユーロを超えている。
  • 水分含有量の測定、モニタリングを行うことにより、機械制御の自動化や、リジェクトの低減が可能となる。

現状のアプローチ

 
         
  • オンデマンドの水分測定:ハンドヘルドデバイスを用いた手動によるスポット計測。
  • 手作業が多くデータが不十分のため、プロセスの自動化ができない。
段ボールの水分管理

改善策

 
         
  • マテリアルセンサーによる水分検出
  • 複数のセンサーを用いて段ボール幅全体の水分量の分布を分析
  • マテリアルセンサーで収集した情報を使用し、自動機械制御で水分量を一定に管理
水分管理

Senorics社の革新的なセンシングソリューション

 
         
  • プロセス互換: 生産機械へのシームレスなインライン統合
  • 紙の含水率を高い信頼性で継続的に追跡、管理
  • 費用効果: 小型・軽量・低価格のため、複数のセンサーによるマルチポイントの測定が可能
  • 従来型の分光器とは対照的に可動部品がなく堅牢
  •      
有機半導体分光センサー

品質管理の改善によるメリット

         
  • 品質のクレームの削減=顧客満足度の向上
  • 製造プロセスの効率向上
  •      

不良除去低減によるメリット

         
  • 不良除去にかかるコストの削減
  • 環境負荷の低減:リサイクルに関連する水量とエネルギー消費量の削減( >100万t CO2 / 年)

製品情報

有機半導体モノシリック分光センサー

【超小型・軽量・低価格】有機半導体分光センサー

Senorics社の有機半導体分光センサーは、有機エレクトロニクス技術により超小型・軽量・低価格を実現したモノシリックセンサーです。
分散素子などの光学要素、機械部品が不要で、振動や衝撃に対しても堅牢、且つ少ないコンポーネントで製造プロセスにおける水分量の管理や、マテリアルセンシングのアプリケーションにご使用頂けます。

製品ページ

有機半導体 分光センサー他の用途例