ケイエルブイは、ハイパースペクトルカメラ・光学部品・光源など
世界中の光学機器を取り扱う専門商社です。

03-3258-1238

平日9:00 〜 18:00(土日祝日除く)

お問い合わせ 採用情報

有機半導体 分光センサー用途例

農業 | 果物の品質と貯蔵寿命

農業 | 果物の品質と貯蔵寿命

農産物の販売業者にとって品質や貯蔵寿命を把握することは、長期保存が可能なロットの確認や販売ロットの順序を決定する上で重要です。
品質や貯蔵寿命は、糖度、酸度、果肉の硬さ等のパラメータを使用することにより判断できますが、これらをどのように正確かつ容易に測定できるかが鍵となります。

有機半導体 分光センサー製品詳細

ケーススタディー

Challenge

  • 店頭でリンゴの品質や熟度を測定することは侵襲的(破壊測定)となるため、測定による商品の損失が発生する。

  • リンゴの熟度状態が判らずにそのバッチが熟し過ぎていた場合、食品廃棄量が増えることになる。
  •  
  • 気候条件、運送、保管の問題により、ドイツでは毎年約11%のリンゴが廃棄されている。[1]
  •  
  • 販売業者は、品質の状態に応じた価格設定ができていない。

リンゴに関するデータ

         
  • 「果実学」(pomology:ポモロジー)と呼ばれる栽培、育成に関する研究分野がある。 [2]
  • リンゴの品種は世界中に7,500以上もの多くの品種がある。[2]
  • 平均的な店舗では6~8種類ほどの品種しか提供されていない。[3]
  • リンゴは世界でトップ5に入る人気の果物である。[4]


現在のアプローチ

  • 糖度、硬さ、デンプン指数の測定は、いくつかの異なるデバイスと手法によって実施されているため、多くの時間を費やしている。
  • これらの方法は破壊測定で行われている。
  • 測定を行うには予備知識や実験スキルだけでなく、場合によっては化学薬品が必要とされる。

改善策

         
  • 分光センサー単一のデバイスのみでさまざまパラメータを決定する。
  • 非侵襲による方法(非破壊測定)で測定物を破壊しない。
  • 現在のアプローチをSenorics社のマテリアルセンシングソリューションに変えることで、時間と使用機器を削減する。


革新的なチップ型分光センサーによるソリューション

Senorics社のチップ型分光センサーによるソリューションで、以下のことが可能となります。

         
  • 糖度、酸度、硬さ、デンプン指数などの品質パラメータを非破壊で迅速に決定。
  • 化学薬品や実験装置不要。ポケットサイズのデバイスによるオールインワン測定。
  • 簡単に測定を実行し、結果を表示。

チップ型分光センサーソリューションが販売業者にもたらすメリット

         
  • リンゴの品質情報を生産者に直接フィードバックすることが可能。
  • 適切な価格設定。
  • 貯蔵寿命の把握、販売適期の決定。
  • 食品廃棄物の削減。
    • 非破壊測定のため、測定後のリンゴを廃棄することなく販売可能。
    • 過剰保管の削減
  •     

製品情報

有機半導体モノシリック分光センサー

【超小型・軽量・低価格】マスマーケット対応のチップ型分光センサー

Senorics社のチップ型分光センサーは、有機エレクトロニクス技術、マスマーケットに最適化した設計で、超小型・軽量・低価格を実現したセンサーです。
従来の分光器では大きさやコストの面で用途が限られていた分光分析を、現場で簡単に測定可能なマスマーケットのマテリアルセンシングへと展開します。

製品ページ

有機半導体 分光センサー他の用途例