ケイエルブイは、ハイパースペクトルカメラ・光学部品・光源など
世界中の光学機器を取り扱う専門商社です。

03-3258-1238

平日9:00 〜 18:00(土日祝日除く)

お問い合わせ

MIRSENSE

MIRSENSE

mirSense社(仏)は、化学分析アプリケーション向けに分光用レーザーを独自の技術で開発・製造しています。
例えば空気質の検査、温室効果ガスの検出、プロセス維持・管理、精密な医療など、複雑な化学環境における品質の向上に貢献できる高性能なレーザーと分光ソリューションをOEM提供します。

mirSense社には15年以上にわたり量子カスケードレーザー(QCL)の技術開発に携わったエンジニアと物理学者がおり、お客様のご要求に合ったQCLを開発・製造することができます。

MIRSENSEの製品一覧

CW量子カスケードレーザー(QCL)  uniMir

CW量子カスケードレーザー(QCL) uniMir

注目の製品

10~17μmの出力波長範囲をカバーしたDFB-CW 量子カスケードレーザー

uniMirは10~17μm帯域の中赤外波長を放射する分布帰還型(DFB)のCW量子カスケードレーザー(QCL)です。HHL(High Heat Load:高熱負荷)のパッケージで、TEC(熱電冷却器)と平行光を出力するための光学系を内蔵しています。HHLパッケージ内のペルチェ素子でレーザーの動作温度を制御しているため、モードホップフリーで縦方向のシングルモード動作を維持することが可能です。

パルス量子カスケードレーザー(QCL) PowerMir

パルス量子カスケードレーザー(QCL) PowerMir

HHL パッケージ、高出力のパルス量子カスケードレーザー

PowerMirは、中赤外の波長を放射する高出力のパルス量子カスケードレーザー(QCL)です。 HHL(High Heat Load:高熱負荷)のパッケージで、TEC(熱電冷却器)と平行光を出力するための光学系を内蔵しています。 出力波長は、4µm,4.6µm,4.8µm, 9µm帯の標準品だけでなく、その他の波長も取り扱っております。 (10~17μm帯域 QCL 製品詳細)

PCB基板ドライバー付き パルス量子カスケードレーザー(QCL) <br> PowerMir-OEM (POEM)

PCB基板ドライバー付き パルス量子カスケードレーザー(QCL) 
PowerMir-OEM (POEM)

装置への組み込みに最適
QCL + PCB基板ドライバー

本製品は、高出力のパルス量子カスケードレーザー(QCL)と、QCLを駆動させるPCB基板のドライバーで構成されいます。 中赤外の波長を放射する高出力のパルスQCLは、HHL(HighHeatLoad:高熱負荷)のパッケージで、TEC(熱電冷却器)と平行光を出力するための光学系を内蔵しています。 PCB基板と量子カスケードレーザーは、プラグアンドプレイで簡単に接続することができ、装置への組み込みに最適です。 ソフトウエアは、オンボードソフトウエアと、Windowsソフトウエアの両方をご提供します。

開発・評価用  パルス量子カスケードレーザー(QCL)・電源 PowerMir turnkey

開発・評価用 パルス量子カスケードレーザー(QCL)・電源 PowerMir turnkey

PowerMir turnkeyは、中赤外のパルス量子カスケードレーザー(QCL)と専用電源を用意しており、研究開発・評価を迅速に行うことが可能です。 中赤外の波長を放射する高出力のパルスQCLは、HHL(HighHeatLoad:高熱負荷)のパッケージで、TEC(熱電冷却器)と平行光を出力するための光学系を内蔵しています。

ガス分析計向け 検出モジュール

ガス分析計向け 検出モジュール

ppbレベルの低濃度ガスを高感度に検知。モジュール1個で複数のガスを検出可能。

MultiSenseは、量子カスケードレーザー(QCL: Quantum Cascade Laser)と光音響セルを組み合わせたガス検出モジュールです。QCLを最大4個搭載することができ、4種類の異なるガスを検出・監視することが可能です。 mirSense社独自の製造技術により作られた「量子カスケードレーザー」と「光音響分光(PAS)」の技術を基盤としたガス検出モジュールは、共存ガスによる干渉を最小限に抑え低濃度ガス(検出限界:10ppb~1ppm)の検出を実現します。また、高性能なマイクロフォンが搭載されているためダイナミックレンジが広く、低濃度から高濃度までのガスを検知することも可能ですので、短時間で濃度変化を監視する連続排出モニタリング(CEM)やプロセス管理のアプリケーションに最適です。 地球温暖化・大気汚染の原因とされる、生産工場や自動車から排出されるガス種(H2O, NO, NO2, NH3、SF6)の検出が可能です。その他にもCF4,CHOH、CO、CO2、H2S、SO2、N2O、C2H4を近日リリースする予定です。 ガスのモニタリングでお困りの際は是非お問い合わせください。