ケイエルブイは、分光器・光学部品・光源など世界中の光学機器を取り扱う専門商社です

分光器・光源・光学部品のケイエルブイ(KLV)

分光器の製品一覧


分光器とは分散素子とスリットからなる装置のことです。
成分分析、膜圧測定、色測定等、各種分析分野において幅広く使用され、弊社ではUV/VIS/NIRの各波長域に合わせた多波長分光器を取り扱っています。

TECHNICAL DATA NDIR - MULTIGAS SENOR INFRAFRED
機能概要
スペクトル解析、評価機能付き
IRガス測定システムは2.5~5.0μmまたは5.5~11.0μmに対応し気体の測定に適しています。これらの波長帯域に吸収ピークを有するガスを0.1%の濃度まで検出することが可能です。また電池で作動し、動作部品がなく耐久性と使い勝手を考慮して設計されています。また他モデルのATR、Transmissionと同様、純正のソフトウェアでスペクトルの測定、解析、正誤判定まで行うことが可能です。
スペクトル解析、評価機能付き
透過測定タイプは、オイル、ミルクなどの液体サンプルのインライン測定に適しています。 サンプルはフローセルに送られ、その結果得られる吸収長は仕様に従って異なります。 この製品は、2.5〜5.0μmと5.5〜11.0μmの波長範囲で利用可能で、18cm-1と36cm-1の間のスペクトル分解能を備えています。 両方のシステムは、システムに統合された最大4つの異なる帯域通過フィルタを有することができ、追加のスペクトル情報を提供することができます。
スペクトル解析、評価機能付き
IR Sphinx ATRシリーズは、全反射測定法(Attenuated Total Reflection)を使ってサンプルの赤外スペクトルを記録します。 2.5–5.0μmまたは5.5–11.0μmの波長域で使用できます。 スペクトル分解能は18cm-1から36cm-1まで異なります。 IR Sphinx ATRシリーズにはすべて、当社が独自で開発したソフトウェアSphinxSuiteが付属しており、スペクトルの測定・解析まで可能です。 また本スペクトロメーターシリーズは電池式で可動部はなく、手軽に持ち運びできるよう設計されております。現在、IR Sphinx Lab、IR SphinxIndustrial、IR Sphinx Portableという3種類の製品構成がご利用いただけます。
NIRONE Sensor
高性能NIR分光センサモジュールは、2つの内蔵光源を持つ小型かつ頑丈な近赤外分光アプリケーションモジュールです。使いやすい通信プロトコルを付属しており、手早く反射測定をすることが可能です。本製品は工業環境に完全対応しており、携帯機器として、また食品業界や農業、製薬その他の市場の生産ラインの組み込み用として最適です。また需要が伸びているIoT製品への組み込みにも適しております。
携帯型アプリケーション開発に適したワイヤレスNIRセンサーデバイスプラットフォーム
ポケットサイズの分光分析を可能にする小型ワイヤレスNIR(近赤外線)反射装置です。バッテリー内蔵ワイヤレスセンサーで、コンピューターやモバイル機器と組み合わせてご使用いただけます。 基準設計としても、あるいはOEMカスタマーの独自ラベルを付けたカスタマイズ設計にもご使用いただける携帯型NIR デバイスプラットフォームです。 また需要が伸びているIoT製品への組み込みにも適しております。 *当製品と同じMEMSセンサー技術を使用したFood Scannerが、欧州委員会のHorizon Prizeを受賞。詳細は下記にございます。 ワイヤレスIRアナライザは2016年Photonics Prism Awardを受賞しました。
高感度、高分解能、そして画期的なデザイン
FineSightは従来のCzerny-Tunerデザインとは違う新たな光学ベンチです。 感度・解像度どちらにおいても非常に優れた性能を発揮します。 弱い光源でもその性能を十分に発揮するのでラマン分光法に最適です。 またレーザー有機ブレークダウン分光法(LIBS)に理想的な高い解像度を有します。
今までにない革新的なスピードと幅広い波長範囲をこの一台で実現
RapidSIGHTは300~1,700nmの広範囲な波長域をカバーする超高速分光器です。
コンパクトで堅牢、信頼性の高い900〜2550nmの分光器
NIRSIGHTは拡張InGaAsウィンドウに対応する、堅牢で信頼性の高い分光器です。 独自設計の精密光学ベンチと最高品質の検出器により要求の厳しいアプリケーション向けの設計となっています。
ご要求仕様にあわせて、波長範囲/サイズ/分解能/センサの変更等、カスタム対応いたします。
標準では波長領域 340~800nm、迷光を従来品に比べ1/2以下に低減することに成功した画期的ポリクロメータ(分光センサ)です。柔軟なカスタム対応で、近赤外のカバーも可能。
非破壊・非接触・高速計測。食品・化学品・医薬品の品質管理に最適。
ビートセンサーは640~1700nmの波長範囲に対応したNIR(近赤外線)センサーです。 非破壊での成分分析、水分量測定、異物判別、混合の均一性モニタリング、コーティング量の測定が可能です。 多変量解析ソフトウェア『The Unscrambler』が搭載されており、非常に信頼性の高い検量線の作成が可能です。 また、サンプル測定、検量線の作成をサポートしておりますので、安心してご利用いただけます。
多変量解析と実験計画の必要機能のすべてが揃う業界スタンダードソフトウェア
The UnscramblerX(アンスクランブラー エックス)は、主成分分析(PCA)、多変量カーブレゾリューション(MCR)、部分最少二乗回帰(PLS-R)、スリーウェイPLS回帰、K-平均クラスタリング、SIMCA分類法などの強力メソッドを搭載した多変量解析/実験計画構築ソフトウェアで、データ解析に必要なすべてが揃います。 化学品、医薬品、食品加工、製紙、消費者製品、農産品などのさまざまな分野で使用されており、 47カ国の3,000以上の企業と300以上の大学で25,000人のユーザーを抱える業界スタンダードソフトウェアです。