ケイエルブイは、ハイパースペクトルカメラ・光学部品・光源など
世界中の光学機器を取り扱う専門商社です。

03-3258-1238

平日9:00 〜 18:00(土日祝日除く)

お問い合わせ

ブラックシリコンフォトダイオード用途例

ウェアラブルのヘルスモニタリング(健康管理)端末用
超高感度フォトダイオード

ウェアラブルのヘルスモニタリング(健康管理)端末用 <br>超高感度フォトダイオード

ヘルスモニタリングで使用する波長帯域に対して高精度なブラックシリコンフォトダイオードはウェアラブル端末に最適
(高精度化、バッテリー寿命改善、端末小型化)

近年、スマートウォッチなどのウェアラブル端末が身近なものとなり、ウェアラブル端末で日常生活のヘルスモニタリング(健康管理)やトレーニング中の状態管理などを行うニーズが高まってきています。
そして、心拍数や血中の酸素濃度は、ウェアラブル端末で光を用いて測定することが可能な要素の一つです。
ブラックシリコンダイオードは、非常に高い感度を持っているため、精度、バッテリー寿命の観点からウェラブル端末でのヘルスモニタリングに最適な製品です。

ブラックシリコンフォトダイオード製品詳細

ブラックシリコンフォトダイオードがヘルスモニタリングに最適な理由

以下の表に示す通り、ヘルスモニタリングは緑、赤、NIRの光を測定することで可能となります。

心拍数、血中酸素濃度の一般的な測定方法
測定対象 使用する光 原理
心拍数 緑(535nm) 心拍数周期的に脈を打つ血液に対して、緑色光の吸収が周期的に変化。
血中の酸素濃度 赤(660nm) NIR(940nm) 血中のヘモグロビンと結合している酸素の量で、赤色/NIRの吸収量が変化。

そして、ウェアラブル端末でこれらをヘルスモニタリングをする際に求められるのが、精度とバッテリー寿命の両立です。

高精度化に関して

ELFYSのブラックシリコンフォトダイオードは、前述した周波数において非常に高い感度(量子効率ほぼ100%)を持っており、SN比(信号ノイズ比)を低く抑えられるので、従来のセンサーでは測定できないような信号も測定することができます。
改善量は一般的なフォトダイオードと比較して、緑色で50%、赤色で15%ほどにもなります。

ブラックシリコンフォトダイオード周波数"

バッテリー寿命に関して

高精度で測定が可能になることは、より少ない光でヘルスモニタリングが可能になることを意味します。一般的なフォトダイオードでは、強い光源の光を必要とするため、上記生態をモニタリングする場合、LEDの電力消費によるバッテリー消耗が問題になります。
一方、ブラックシリコンダフォトイオードでは、高精度なので、通常のセンサーよりも光源の電力消費を減らし、より長いバッテリー寿命を実現することができます。

高精度化とバッテリー寿命が端末にもたらす恩恵

さらに、ウェアラブル端末を設計する際の精度の向上、バッテリー寿命の向上は、バッテリーの小型化を通してその端末のサイズや重量にも寄与します。このように、ELFYSのブラックシリコンフォトダイオードは、非常に難しいウェアラブル端末のセンサーとして最適なソリューションです。

ブラックシリコンフォトダイオード他の用途例