ケイエルブイは、ハイパースペクトルカメラ・光学部品・光源など
世界中の光学機器を取り扱う専門商社です。

03-3258-1238

平日9:00 〜 18:00(土日祝日除く)

お問い合わせ

中赤外分光システム IR Sphinx ATR:全反射測定タイプ用途例

ガソリンに含まれるエタノール値(%)の解析

ガソリンに含まれるエタノール値(%)の解析

多くの国ではガソリンの含有物に関する規制が強化されており、信頼できる測定値を取得することが重要です。
バイオ燃料の一種であるバイオエタノールの混合量(%)も規制対象のひとつであり、地域や車両により上限が定められています。
Spectrolytic社のATRを搭載した中赤外分光器では、ASTM D4815の規格と相関性のあるE0~20(エタノール混合量0~20%)を現場で簡単に測定することが可能です。

中赤外分光システム IR Sphinx ATR:全反射測定タイプ製品詳細

以下のグラフはエタノールの混合量によるスペクトルの違いを表しています:
エタノールの混合量による中赤外スペクトルの違い


解析モデルの予測データでは以下の直線性でみられるとおり非常に高い精度が表示されており、E10(エタノール混合量10%)の分類における測定誤差は約0.5 v/v%になります。
エタノールの混合量による中赤外スペクトルの違い(解析モデルの予測データ)


中赤外分光システム IR Sphinx ATR:全反射測定タイプ他の用途例