ケイエルブイは、ハイパースペクトルカメラ・光学部品・光源など
世界中の光学機器を取り扱う専門商社です。

03-3258-1238

平日9:00 〜 18:00(土日祝日除く)

お問い合わせ

ハイパースペクトルカメラ FireflEYE 496blue

ハイパースペクトルカメラ FireflEYE 496blue

Cubert

空間分解能が高く、鮮明・綿密なハイパースペクトルイメージングが実現

Cubert社の「FireflEYE 496blue」は、UVAから近赤外までの波長範囲(370nm-870nm)をカバーしているスナップショット型のハイパースペクトルカメラです。

当製品は空間分解能の高さが特徴です。カメラ内部には、撮影に関わる2つのイメージングセンサー(パンクロマティックセンサー、スペクトルセンサー)がありますが、これら双方のサイズが4メガピクセルに拡大。

そのため、それぞれの空間分解能(x, y)は、

  • パンクロマティック画像:1600×1600px
  • スペクトル画像:70×70px(4,900スペクトル)

となります。

そのため、取得可能なスペクトルが、同シリーズ製品の「ハイパースペクトルカメラFireflEYE 185」に比べ約2倍になり、鮮明・綿密なハイパースペクトルイメージングが実現します。

製品の特徴

  • 動画でのハイパースペクトルイメージング撮影が可能
  • UVA、波長の短い青色光の分析が可能
  • 数mm〜数cmのスポットサイズの観察も可能(*)
  • 顕微鏡、内視鏡への設置が可能

(*)クローズアップレンズの装着によるものです。詳細は技術情報をご覧ください。

 

製品情報

仕様

測定波長範囲[nm] 370–870
波長分解能[nm] 10 @ 532
波長チャンネル数 125
波長サンプリング間隔[nm] 4
パンクロマティック解像度[px] 1600×1600
スペクトル解像度[px] 70×70
視野角(FOV) 30°, 20°, 13°, 7°
センサー シリコンCCD
センサーサイズ[MP] 4
放射分解能[bit] 12
積分時間[ms] 0.1–1000
フレームレート[Hz(fps)] Appx.3
データサイズ(データキューブ)[MB] 12
接続 USB3.0 & GigE
動作温度[℃] 0–40
消費電力[V / W] DC 12 / 8
標準サイズ[mm] 313×76×85
重量(レンズなし)[g] 1200

アプリケーション

  • リモートセンシング
  • ハイパースペクトル植生指数
  • リンゴの果実の着果負担と葉の定量化
  • 病理学における顕微鏡検査
  • Macroscopy(肉眼観察)
  • 皮膚分析・肌診断
  • 機械学習に基づくリアルタイム画像分類
  • プラズマコーティングの最適化
  • 古紙の自動仕分け(異なる種類の紙の識別)
  • パーム油の果実の熟度管理

技術情報

クローズアップレンズの追加

クローズアップレンズを追加することによって、わずか数mmから数cmのスポットサイズで巨視的なスケールビューを実現できます。これにより「マクロスコピー」用途での使用が可能です。

視野角(FOV)6.5°の50mmレンズ上部に取り付けアダプターを設置すると、クローズアップレンズを追加できます。
これにより、数mm〜数cmスケールのスポットサイズが直接得られます。

取り付けアダプター(左)とクローズアップレンズ(右)

クローズアップレンズを個別に追加することで、マクロスケールの撮影における各要件を満たせます。
クローズアップレンズの透過率は、ほぼ100%です。そのためレンズの追加によって、カメラの精度が影響を受けることはありません。(レンズはCubert社の研究室で校正されています。)

リレー光学系の開発

FireflEYEにリレーレンズを取り付けると、最終的にCマウントレンズの完全な互換性が得られます。追加の校正を必要とせずに、ハイパースペクトルカメラを顕微鏡や内視鏡に取り付けることができます。

ハイパースペクトルカメラに取り付けられたリレーレンズのプロトタイプ

また、リレーレンズエクステンションを使用すると、カメラを直接操作できるようになるため、柔軟な測定が可能です。顕微鏡に取り付ける、焦点距離の異なる一般的なレンズを使用する、Cマウントを使用して特殊な光学機器に取り付ける等、様々にご活用いただけます。

ハイパースペクトルカメラと同様に、リレーレンズもCubert社が独自開発したものであり、同社の高い品質基準に従って直接校正されています。

ソフトウェア

当製品(ハイパースペクトルカメラ FireflEYE 185)を含む、Cubertのハイパースペクトルカメラのイメージングには、専用ソフトウェア「Cubert Utils」を用います。
ソフトウェアは、ライト、開発者、プロフェッショナルの3製品がございます。(それぞれ使用可能なPC台数が異なるなどの違いがあります。)

Cubert Utils
(ライト)

Cubert Utils(ライト)パッケージ

スペクトルイメージングに関連する基本機能を全て含んでいます。

Cubert Utils
(開発者)

Cubert Utils(開発者)パッケージ

簡単なプログラミングと1年間の開発者サポートのためのSDKが含まれた開発者版。

Cubert Utils
(プロフェッショナル)

Cubert Utils(プロフェッショナル)パッケージ

最大3台のコンピューター用のサイトライセンスソフトウェア。

Cubert Utilsソフトウェアの機能

ソフトウェアには、農業用途向けの完全なハイパースペクトルインデックスライブラリが完全に統合されています。
さらに、機械学習に基づいた画像分類エンジンも利用できます。使いやすいソフトウェアアドオンにより、ライブデータストリームで直接オンライン分類を行うことができます。

植生指数イメージ
農業用途向けのハイパースペクトルインデックスライブラリ

インデックスをハイパースペクトルイメージングデータに適用すると、通常のカメラでは検出できない詳細な情報が表示されます。

スペクトルインデックスを使用することで、データから、健康状態、クロロフィル含有量と窒素需要、水分含有量、構造情報等の情報を抽出できます。

カメラをトレーニングし個別のマテリアルを完全に自動的に識別
機械学習に基づく画像分類エンジン

ソフトウェア「perClass」は、機械学習に基づいた分類ツールです。

当ソフトウェアによってカメラをトレーニングし、個別のマテリアルを完全に自動的に識別することができます(画像参照)。

ハイパースペクトルイメージングによって、様々な材料と品質の違いに関わる空間分布を調べることができるため、ハイパースペクトルカメラはマシンビジョンで活用されています。当ソフトウェアを用いることで、マシンビジョンにおけるリアルタイムの分類が可能です。

PDF資料ダウンロード

【動画撮影可能】ハイパースペクトルカメラ

ダウンロード

お問い合わせ

  • 性能、コスト、納期を満たす光学機器をお探しですか?
  • 製品のデモ実演をご希望ですか?
  • 製品に関する詳しい資料をご希望ですか?
  • 標準仕様以外の特殊用途への対応をご希望ですか?

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。