ケイエルブイは、ハイパースペクトルカメラ・光学部品・光源など
世界中の光学機器を取り扱う専門商社です。

03-3258-1238

平日9:00 〜 18:00(土日祝日除く)

お問い合わせ

ガス分析計向け 検出モジュール用途例

水素燃料の品質管理

水素燃料の品質管理

水素燃料中の不純物を高精度・高速に測定

Multisenseは、近年、エコ燃料として注目されている水素燃料の品質管理用途において、H2中のCHOH、NH3、CO、CO2などの不純物を高精度且つ高速に測定することが可能です。

水素燃料の導入は、国を挙げた取り組みとなっており、2030年までの目標として燃料電池自動車(FCV:Fuel Cell Vehicle)を80万台、燃料電池バス(FCバス)を1,200台、その為の水素ガスステーションを900箇所に設置する目標が掲げられるなど、今後ますます加速していくことが予想されます。
ただし、水素燃料は混入する不純物が出力に悪影響を及ぼすため、品質を厳しく監視する必要があります。
ISO水素品質規格(ISO14687)では、水素濃度及び14成分の不純物濃度が細かく規定されており、それを各品質管理ポイントでしっかりと測定する事が重要になります。
(参考:環境省HP

このような高い要求がある水素燃料の品質管理用途において、小型で精度の高いMultisenseは最適です。

ガス分析計向け 検出モジュール製品詳細

他にも、以下のように多岐にわたる水素の濃度測定用途においてMultisenseが使用可能です。

  • 燃料

    燃料電池自動車、水素エンジン自動車、ロケット燃料、液化水素エンジン用など

  • 金属(ステンレスなど)

    光輝燃純用添加剤や、溶接、切断用など

  • ガラス

    光ファイバー、石英ガラス、フロートガラスなどの水素バーナー用など

  • 半導体

    Wet酸化、エッチング、CVD用など

  • 化粧品

    油脂硬化、水素添加用など

ガス分析計向け 検出モジュール他の用途例