ケイエルブイは、ハイパースペクトルカメラ・光学部品・光源など
世界中の光学機器を取り扱う専門商社です。

03-3258-1238

平日9:00 〜 18:00(土日祝日除く)

お問い合わせ

-電力・医療向け専用-
光ファイバー温度計 FTX-PWR+シリーズ用途例

スイッチギア(開閉装置)の温度モニタリング

スイッチギア(開閉装置)の温度モニタリング

リアルタイム温度モニタリングの必要性

開閉装置の接点、バスバー、重要な接続箇所は、時間の経過と共に腐食し抵抗値が増加します。
抵抗値が増加することで導体が熱くなり制御不能になる場合があります。
中電圧・高電圧機器のホットスポットの発生は一般的ではありますが、検出することが難しいとされています。
 また作業員にとっては非常に危険であり、時間内に発見されない場合は深刻な故障に繋がる可能性があります。電気機器の過熱は、過負荷の回路、不均衡な負荷、または接続部のゆるみや損傷によって引き起こされます。

-電力・医療向け専用-
光ファイバー温度計 FTX-PWR+シリーズ製品詳細

従来のセンシングでの課題・リスク

潜在的に起こりえるホットスポットを特定する方法として、赤外線サーマルイメージングを使用し、温度を定期的に監視する方法がありますが、費用が高く不正確で電気技術者が危険にさらされる場合があります。
 また、高電圧環境下では固有のノイズと干渉の影響を受けてしまうため、例えば熱で追や赤外線温度センサーなどの従来のセンシングでは誤った温度スパイクを検知し誤報してしまうリスクもあります。

OSENSAの光ファイバー温度計によるソリューション

ノイズの影響を受けずにリアルタイムモニタリング

OSENSAの光ファイバー温度計は、高電圧スイッチングに起因する電磁干渉やノイズの影響を受けずに重要な接点でスイッチギアの温度を継続的にリアルタイム監視し、過負荷および障害状態を検出することが可能です。
また、OSENSAのFTXシリーズ温度トランスミッターは、アナログ出力とRS-485 Modbus通信の両方でデータ転送できるため、既存のPLCおよびホスト監視ソフトウエアと簡単に統合することができます。

スイッチギアの温度モニタリン
グ

世界中の電力会社では、重要な箇所や高電圧開閉装置の温度モニタリングとして光ファイバー温度計を採用しています。光ファイバー温度計はリアルタイムで温度データを提供するため、作業者は負荷効率を最大化し障害に繋がる可能性のある熱応力のバランスをとることができます。

送電および配電会社は、定期的な開閉装置の温度監視を行うことでメンテナンス時期を最適化し、機器の寿命を延ばすことが可能になります。

高電圧 開閉装置の温度モニタリング

-電力・医療向け専用-
光ファイバー温度計 FTX-PWR+シリーズ他の用途例

  • スイッチギア(開閉装置)の温度モニタリング