ケイエルブイは、分光放射計・光学部品・光源など世界中の光学機器を取り扱う専門商社です

分光器・光源・光学部品のケイエルブイ(KLV)

Gooch & Housegoの製品一覧


Gooch & Housego(グーチ&ハウゼコ)社は、世界最先端技術の光学機器メーカーです。独自で開発した音響光学チューナブルフィルター(AOTF)を使用した光学イメージング機器や、AODなどのレーザー向け光学パーツを開発・製造しています。

Gooch and Housego200〜300nm対応。アクセサリーの組みあわせにより分光放射、反射率、透過率の全てを計測。
OL458-4Fは、LED光源と積分球で校正された均一標準光源です。
積分球を搭載することで均一な強度分布を持つ輝度放射が可能になりました!
OL455は測光器やセンサーなどの高精度な校正を必要とする機器・パーツ向けに設計された標準光源です。 本製品は光学ヘッドとコントローラで構成されています。 積分球と放射口のサイズの異なったタイプをラインナップしていますので、ご要求される輝度・照射エリアに応じて積分球のサイズをご紹介させて頂きます。
200~400nmまでの波長域をカバーした校正用標準光源
OL440-8-OHは重水素ランプとPTFEコーティングを施した8インチ積分球で構成された均一標準光源です。 本製品は光源部と積分球の間にシャッターが搭載されているため、光源が点灯した状態のままON/OFFを切り替える事できます。 波長範囲200~400nmの輝度校正が可能です。
高い回折効率・優れた方向安定性。
Gooch & Housego社製AOTFは偏光特性を有し、電気的に透過波長を高速コントロールする事ができるフィルターです。 電気的にコントロールするため、透過する波長をプログラミングすることができます。 波長切り替えスピードは100μsecという高速スキャンが可能で、半値幅を16倍まで自由にコントロールすることができます。 Gooch & Housego社のAOTFは、特許であるサイドローブ抑制技術が最大の特徴で、他社製品よりも優れた分光特性を有しています。
LEDの高速・高精度測定を実現。全世界規格NIST準拠のハイレベルな測定を卓上で行えます。
Gooch and Housego社製のOL770分光放射測定システムは、NIST(National Institute of Standards and Technology)準拠の業界標準分光放射計として、 LED照明の光学特性の測定・評価や液晶ディスプレイの研究開発など幅広い用途で使用されています。 測定波長範囲や形状に合わせた様々なアクセサリーをラインナップしており、光学評価を包括的に行うことが可能です。
Gooch and Housego社製の校正用標準光源です。 ※OL770分光放射測定システムと組み合わせが可能です。 他メーカーの機器との組み合わせももちろん可能です